about

クルクエ目次

最新記事

メールフォーム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パンについての考察

2016-06-03 22_40_07

今回はパンについて考察してみようと思います。
パンはこのゲームでは無くてはならないアイテムです。勇者のランクを上げるためにはパンを食べさせないといけないからです。
このパンはいろいろな種類があり、またいろいろな所で手に入ります。
行商人であるポポニャンから買ったり、ベーカリーで焼きたてをもらったり、シナリオでモンスターを倒すと拾えたり、古代のダンジョンの宝箱からゲット出来たりと本当にいろいろです。
しかもポポニャンから買う以外は基本無料です。
そして不思議なのが手に入れるときは無料なのに、食べようとするとゴールドが必要となるのです。意味が分からんですな。
ポポニャンから買った分なんか、買うときにコールドを支払った上、食べるときにもゴールドを支払わないといけないという、なんという2重取り。
なので理由を考えてみました。

パンを食べるには勇者の管理画面で「訓練」と書かれたボタンを押します。
その訓練から食べるパンを選び、そのパンの合計の訓練値がゲットできます。
そこから考えると、パンを食べるときに必要なゴールドはパンを食べるために必要なのではなく、訓練を受けるために必要なゴールドなのではないでしょうか?
食べるパンによって手に入る訓練値が違うのは、美味しいパンほどやる気が出て、より訓練に集中できたため。
より集中した訓練ができたからより多くの訓練が行うことができ、その結果時間がより長くなった分、効果の高いパンを食べるときにはよりゴールドが必要となってしまった。

こんな感じじゃないでしょうか?

もう一つの説はパンと共に支払うゴールド。あれは教官に渡す「袖の下」であるという説。
たくさんゴールドを払えば、より質の高い訓練ができる。

どうでしょうか?
以上、まるで意味のない考察でした。
マジでこの世界におけるパンってなんなんだろうね?
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。